株式会社エクセレンシブ

株式会社エクセレンシブ

株式会社エクセレンシブは,利用者様が安全安心にサービスを活用できるように,ホームページ制作に取り組んでまいります。

株式会社エクセレンシブホームページをご覧になるには,まずこちら(ご利用条件)をご覧ください。


現在開いているページは⇒ HOME > 業務紹介 >【 ソフトウェア制作 】 です。

ソフトウェア制作


当社のOfficeアドインをご紹介します。


月報雛型の作成(Excel用Officeアドイン)(注2)


対象年月、暦、列数、表示形式を設定して、作成ボタンを押すことにより、月報雛型を新規シートに作成することができます。


月報雛型の作成画面

  • 対象年月は、1000年1月から4000年12月までとなっております。
  • 暦は、グレゴリオ暦と和暦に対応しています。
  • 和暦は、明治、大正、昭和、平成に対応しています。
  • 日付形式は、2列(1列目:日、2列目:曜日)、1列(1列目:日(曜日)を選択できます。
  • 列数は、列1から列7まで日付曜日セルの右に追加されます。
  • 表示形式:以下の6通りから選択できます。

○標準

・特定の書式を指定しません

○数値

・小数点以下の桁数:0

・桁区切り(,)を使用します

・負の数の表示形式:-1234

○通貨

・小数点以下の桁数:0

・記号:なし

・負の数の表示形式:-1234

○会計

・小数点以下の桁数:0

・記号:なし

○時刻

・種類:13:30

・ロケール(国または地域):日本語

○文字列

・数値も文字列として扱います。セルには入力した値がそのまま表示されます。


表示形式に数値、通貨、会計が選択されている場合、以下の選択ができます。

・最大値を表示する

・最小値を表示する

・平均値を表示する

・合計値を表示する


列幅の自動調節にチェックを入れておくと

・日付、曜日の幅が自動調節されます。

・日付曜日以外の各列が均等の幅に調節されます。


作成ボタン

設定された形式で新規シートに月報雛型を作成します。



注意事項:既に、同一名称のシートが存在する場合、エラーとなり、新規シートが作成できませんので、ご了承願います。


このアドインは,Excel2013ではご利用できません。Excel2016 for Mac, Excel2016またはそれ以降のバージョン,Excel Onlineでご利用いただけます。

 このExcel用Officeアドイン「月報雛型の作成」の詳細,概要および入手等については、
  ↓↓こちら↓↓
OfficeDownload_Small
 をクリックしてご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeアドインページが開きます)。

更新情報(バージョン)

1.0.0.0 最初のリリース。

(注2) Microsoft Corporation の Microsoft Office Excel上で動作するソフトウェアです。

Excel用Officeアドインの入手については,こちらをご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeサポートページが開きます)。


このExcel用Officeアドイン「月報雛型の作成」に関するお問い合わせは,こちらからお願いいたします。



書式設定された日付貼り付け(Excel用Officeアドイン)(注2)


カレンダーで貼り付ける日付を設定し,予め用意されているセルの書式設定を設定することにより,選択した1箇所のセルに書式設定された日付を貼り付けることができます。

  • 日付の種類は,セルの書式設定(分類:日付)のグレゴリオ暦,和暦に対応しています。また,曜日付きの日付もユーザー定義で設定できます。
  • 日付を貼り付ける前に,数式バーに表示される値とセル上の表示を確認できます。
  • 貼り付けの推奨日付は,1900年1月1日から4000年12月31日までとします。
  • 和暦は,明治33年1月1日(西暦1900年1月1日)から対応しています。それ以前の日は,和暦部分が西暦表示になります。
  • ユーザー定義による日付でも,セルの右下にマウスを当てて下方向や右方向ドラッグすると日付も曜日も加算されます。
  • 列上のセル幅を自動調節にチェックを入れておくと,日付貼り付け時に日付を貼り付けたセルの列上の最大セル幅に自動調節されます。
  • このアドインは,元に戻す,やり直し(Undo,Redo)は機能しません。

セルの書式設定は,まずモードBを使用すると設定されている日付形式全てが種類に一覧表示されるので,この種類の中から日付を設定して,モードAに切り替えることにより,確認できます。書式設定が「分類:日付」に設定されない場合は、コントロールパネル内の地域から形式:日本語、日付(短い形式):yyyy/MM/ddであるかをご確認ください。日本語環境であれば、特に設定変更する必要はありません。

このアドインは,Excel2013ではご利用できません。Excel2016 for Mac, Excel2016またはそれ以降のバージョン,Excel Onlineでご利用いただけます。

 このExcel用Officeアドイン「書式設定された日付貼り付け」の詳細,概要および入手等については、
  ↓↓こちら↓↓
OfficeDownload_Small
 をクリックしてご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeアドインページが開きます)。
 無料試用版は,15日間5ユーザー限定でお使いいただけます。

更新情報(バージョン)

1.0.0.0 最初のリリース。

1.0.1.0 書式設定のユーザー設定に(日付のみの「14」、「14日」)と(曜日のみの「(水)」)の3つを追加しました。誤字修正しました。


(注2) Microsoft Corporation の Microsoft Office Excel上で動作するソフトウェアです。

Excel用Officeアドインの入手については,こちらをご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeサポートページが開きます)。


このExcel用Officeアドイン「書式設定された日付貼り付け」に関するお問い合わせは,こちらからお願いいたします。



日付貼り付けの簡単化(Word及びPowerPoint用Officeアドイン)(注1)


  • 予め用意されている日付の種類を選択し,貼り付ける日付を設定することにより,選択した場所にその設定された日付を貼り付けることができます。
  • 事前に文章に貼り付ける日付が表示されます。
  • 貼り付けの推奨日付は,1000年1月1日から4000年12月31日までとします。
  • 和暦は,明治6年1月1日(西暦1873年1月1日)から対応しています。それ以前の日は,和暦部分が西暦表示になります。
  • 日付の期間は,1日または範囲設定(「~」または「からまで」)から選択できます。

 このWord及びPowerPoint用Officeアドイン「日付貼り付けの簡単化」の詳細,概要および入手等については、
  ↓↓こちら↓↓
OfficeDownload_Small
 をクリックしてご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeアドインページが開きます)。
 無料試用版は,15日間お使いいただけます。

更新情報(バージョン)

1.0.0.0 最初のリリース。

1.0.1.0 文字およびアプリのロゴを修正しました。

1.1.0.0 Wordだけでなく,PowerPointでもお使いいただけるようにしました。


(注1) Microsoft Corporation の Microsoft Office Word及びPowerPoint上で動作するソフトウェアです。

Word用Officeアドインの入手については,こちらをご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeサポートページが開きます)。

PowerPoint用Officeアドインの入手については,こちらをご覧ください(別ウィンドウで,Microsoft Corporation の Officeサポートページが開きます)。


Word若しくはPowerPointのどちらか一方から,このアドインを入手することにより,他方でもこのアドインを使用できます。


このWord及びPowerPoint用Officeアドイン「日付貼り付けの簡単化」に関するお問い合わせは,こちらからお願いいたします。